常磐線日立駅



今年完成した日立駅の新駅舎へ

先日行ってきました。



地元出身の建築家、妹島和世による設計です。



宙に浮かぶカフェスペース。



展望スペースの向こうは水平線。



全長139mのガラスカーテンウォール。

長い通路が東西を繋いで、空港みたいな橋上駅舎でした。




東京カテドラル聖マリア大聖堂



東京都文京区関口にある、東京カテドラル聖マリア大聖堂

先日ついに見に行ってきました。

1964年に竣工した、丹下健三設計の鉄筋コンクリート造の教会です。



目の当たりにしてみると、銀色に輝く独特な造形。

翼を広げた姿のまま、轟音をあげてまっすぐ空へ飛んでいきそうだ。。

と、快晴の空を見上げながらぼんやり。

しかし、この外観の存在感どころではなかったのが、



教会内の素晴らしさ。かなり感動しました。

空に迫っていくような無機質なコンクリートの壁は圧巻です。

その感動を伝えきれていないこの写真が残念ですが、

ここは本来撮影禁止。

しかし、ミサに集まっていたたくさんのシスターたちが

バシバシ記念撮影していたので、便乗して私も撮らせていただきました。



主祭壇の対角にあった、美しく輝くパイプオルガン。

こちらは2004年に新設された、イタリア製の逸品だそうです。



武蔵野プレイス




武蔵境駅前の複合文化施設、武蔵野プレイスに行ってきました。

図書館の機能がメインですが、カフェが併設されていたり

ミーティングやワークショップができるスペースがあったりします。



かわいらしい外観につづいて、

どこもかしこもまるく切り取られている館内。



Rだらけ。



白い豆。



白いぐるぐる。



ちなみに、この柔らかーい館内を心おきなく撮るためには

撮影申請が必要です。

撮影目的は「趣味で」とは言わず「勉強で」。

あっさりと許可がおり、もれなく腕章も付いてきます。




町田市役所新庁舎




今年7月に開庁したばかりの町田市役所新庁舎へ行ってきました。

設計は槇文彦氏。

巨大すぎて全然捉えられないですが、周囲のごく一部をiPhoneで撮影。



所々でアクセントになっている赤。



円柱があったり。



この日は休業日。

すてきな紅白のインテリアを、外から無理矢理撮るわたし。

あたりはそろそろ日没。

やはりiPhoneでは無理でした。




中銀カプセルタワービル



銀座にそびえる、中銀カプセルタワービルを見に行ってきました。

黒川紀章設計による、メタボリズムの代表作。

箱が積み上がって、レゴのような外観です。

老朽化とアスベスト問題で、取り壊しも近いといわれているようです。



「中銀カフセルタワーヒル」

どこへ行ったか、濁点と半濁点。

読み上げてみると、虚脱感とともに敗北感が漂います。



ちょっと遠くから見ると、こんな感じです。









スタジオ・ムンバイ 「夏の家」




東京国立近代美術館の前庭に、ちいさな3つのあずまや。

インドの建築事務所、スタジオ・ムンバイによる

日本初建築プロジェクト「夏の家」です。

開館60周年を機に、リニューアルのため美術館は現在休館していますが

そのあいだの憩いの場として、来年1月14日までこちらが開放されています。



あずまや、いち。



あずまや、に。



あずまや、さん。

灼熱の太陽の下、ターコイズブルーとチークのブラウンが映えます。

オーガニックな夏を、こじんまりと満喫中。







巣鴨信用金庫志村支店




こちらも同じく巣鴨信用金庫。

「虹のミル・フィーユ」をテーマにした、志村支店



せり出したファサード、アルミパネルが12色に塗装されています。

「巣鴨」とか「信用金庫」というワードからは

なかなか想像し得ないかわいらしさでした。


ちなみに、

今回訪ねていませんが、新座支店

エマニュエル・ムホーさんによる設計だそうです。





巣鴨信用金庫常盤台支店




こんなかわいらしいたてものが、

実は巣鴨信用金庫常盤台支店

東京在住のフランス人デザイナー、エマニュエル・ムホーさんによる設計。



コンセプトは「LEAF」

看板の役目を果たすという印象的なファサード。

パンチングで幾何学的な樹木のシルエットを浮かび上がらせていました。

14色のカラフルな窓、そして街ゆくおばあちゃんを捉えました。



宮ヶ瀬ダム




夏休み最後の日は、宮ヶ瀬ダムへ。

日本で第6位の堤高を誇る、

首都圏最大級ダムだそうで。



その156mという高い堤防の上へは、

エレベーターに乗って1分20秒で到達。

そして恐怖のアングルと素晴らしい眺望を

一挙に味わうことができました。

味わうといえば、

併設されたレストラン「白い滝」では、

ダムカレーをいただくことができるようです。





木材会館



東京木材問屋協同組合100周年を記念して建設された、

木材需要拡大の一翼を担うホームグラウンド、

木材会館へ行ってきました。



国産木材とコンクリートが織りなす、

幾何学模様とコントラスト。

内装はどうなっているのやら?

土、日、祝日は休館日です。