香港出張




先週、約半年ぶりに香港出張へ行ってまいりました。

フライト中に窓から見えた景色は、海と空が繋がって真っ青。



2014SS企画に向けて生地、糸、資材などを探しに来ました。

上半身裸のおじさんが反物を運んだりしている問屋街。

裸はかえって暑いんじゃないだろうか?

亜熱帯気候の香港は湿度こそ高いものの、

気温は東京よりも若干低い印象。



当初予約していたホテルが全館空調故障にみまわれ

急きょ別のホテルをお手配いただくことに。

部屋に着いてみたら、眼前には香港の夜景!

素晴らしい眺望ルームではありませんか!!

広すぎるベッドを斜めに使い、広すぎるバスタブでふやけるほど全身浴。

非常に快適な3日間、ありがとうございました。




深水埗



香港二日目は、深水埗(シャムスイポー)へ。



浅草みたいな問屋街で

素材や資材を探し歩いていたら、



置き去りのシャア専用。



Pacific Place




香港に到着後、

ちらっとパシフィック・プレイスへ。

デパート、シネコン、ホテル、銀行まで内包している

巨大複合商業施設。



トーマス・ヘザウィックによるリノベーションで、

そこかしこに波打つ曲線。

カドの無いやわらか内装になっていました。




香港出張



ブログをご無沙汰しておりましたが、

先週火曜からの香港出張より、先日無事帰国しました。

香港は連日22℃〜25℃のぽかぽか陽気でした。


3日目 中環、金鐘




出張3日目は、中環や金鐘などへ市場調査。

セールと立上がりが重なったため瞳孔が開き、

ホテルに着いてからやっと

脚が棒だったことに気づきました。

いつ眠りに落ちたかも覚えていません。

あっという間に日曜日、そろそろ帰国です。




2日目 深水埗




生地や付属の問屋街、深水埗を歩いた2日目。

ひしめく雑居ビルと、その隙間から見える高層マンション。



通り側の外壁に丸出しの室外機と、派手な看板。

ごみごみとした独特な街並です。






帰国





総武線で、顔ニューロン。

目と口とおぼしきものを感じ取ると

顔として認識する能力、

それが、顔ニューロン。

そんなこんなで、

今週月曜日、香港から帰国しました。







チェックアウト





Regal Kowloon Hotel、

そろそろチェックアウトですパー





朝ごはん





14時間ぶりの食事、

気持ちがまさって

盛り過ぎの朝ごはんとなりましたパー








100万ドルの夜景





山頂から香港を一望した満月の夜、



100万ドルの夜景を背に佇む

大物に遭遇星星星