那須アルパカ牧場




那須どうぶつ王国では、

アルパカについぞお目にかかることはできませんでした。

しかしながら、犬猫たちでわりと満腹感も得たし

なによりも、王国があまりにも寒いことに困難を極めて

さて、そろそろ帰路につこうとした道すがら、

目の前にあらわれたのがこの桃源郷、那須アルパカ牧場です。



ついに会えた!

「にんまり」



こんなに近い!

「ふぅ」



ベビーもいた!

「けぇー」

念願のアルパカ、一生分見ることができました。



那須どうぶつ王国




「アルパカに会いたい」

念願叶ってつい先日、那須どうぶつ王国へ行ってきました。

入国後、いわゆるZOOっぽいどうぶつたちよりも

日常馴染み深い、にゃんこ・わんこのほうに夢中になってしまい

しばしアルパカのことすら忘れてしまいます。



「む」っと結んだ口元がいい。



眠り続ける老け顔のマッコリさん。

ほうれい線が出ています。



マイナス2度でも、寝顔が笑顔のコットンさん。



もう眠っているというより溶けている、王国のなかまたち。


このあと、

フクロウもプレーリードッグもカピバラ温泉もしっかり堪能。

しかし、

一番の目的だったアルパカがいないことに気づきます。

すっかり長居したこの土地は「王国タウン」であって、

アルパカがいるのは少し離れた「王国ファーム」であり、

さらには冬期休業中だということを知るのでした。




日比谷公園




帝国ホテルをバックに、休日の日比谷公園。

左側に写っているテント内では、

元気なおねえさんが子どもたちと一緒に

流暢に英語でシングアソングしていました。



鮮明な赤のケイトウがきれいでした。

鶏のトサカに似ていることから、鶏頭(ケイトウ)という名前がついています。

ひとつひとつ鶏の頭かと思うとちょっぴりこわい。




東京湾観音 そのさん





胎内の各階には七福神や仏様がいらっしゃるので、

祈願しながら参ろうではありませんか。



そしてここが、20階建ての20階。

観音様の冠部分にあたります。

324段のらせん階段をあがるうち、テンションも徐々に上昇、

最上階にて最高潮に達します。

天上界にて何思ふ。。

しかし、願い事は何ひとつ思い浮かばず、

ちょっとだけでいい、座りたひ。。

ひざが笑い出すのでした。






東京湾観音 そのに





お背中に並ぶリズミカルな小窓。



そのひとつから顔を出すと、こんな感じです。





東京湾観音 そのいち




千葉家富津市にそびえ立つ56mの巨観音、

東京湾観音を拝観してまいりました。



胎内は頭頂部までお邪魔することができてしまう、

20階建ビルディング。

ちなみに腕展望は13階。

「くるしゅうない」といった表情で民をいだく観音様。

私も早速胎内へ。











鯉のぼり




実家の近所の相模川では、

5月5日まで鯉が放流されています。



かき氷が早くも登場した、汗ばむ日曜日晴れ

どんどん溶けていく夏の風物詩を

急いで写真におさめねばカメラ





結婚式




日曜日はともだちの結婚式。



みっちゃんかわいかった、おめでとうクラッカー

いい笑顔が撮れましたキラキラ




小石川後楽園





東京ドームのすぐそば、小石川後楽園にて。



水面に映る、暖かい午後の空。








ゆなちゃん





中学からのお友達のおうちにお邪魔してきましたニコニコ

うとうとしていた悠奈ちゃん。

お昼のにおいがしたのか、

おもむろに立ち上がり、台所へ偵察だDASH!