Hasselblad SWC



我が家のカメラに先日仲間入りした、

Hasselblad SWC、超広角撮影専用カメラ。

「カール・ツァイス製ビオゴン38mmF4.5」

このレンズの為だけに開発されたボディです。

人間の目では見ることができない範囲の超広角アングル。

直線の歪みが全く生じない(水平撮影時)。

凄まじい描写力とシャープさ。

ビオゴンなんて憎めない怪獣みたいな名前ですが、

とんでもなく評価されているので、気になって仕方ない。

こんな経緯でSWCに照準を合わせたわたしです。



カメラ部屋に入門したビオゴン君。

貫禄たっぷり、幅を利かせています。



ビオゴン君の威力は建築という土俵で惜しみなく発揮されるというので

行ってきました、横浜大桟橋。

撮影後、早速現像してみると

あれ?フィルムが発色してる!うおぉーかわいいー!!

初めてのリバーサルフィルムに感激。



そして、実際に撮れたものがこちらです。

初土俵は露出オーバー気味。

まだまだ稽古が必要です。




Canon AE-1



実家の近所の中古品店で見つけた、Canon AE-1。

今から37年前 1976年に発売された、

「自動露出マニュアルフォーカス一眼レフカメラ」。

以下4枚、私にとって初めてのフィルムです。



プラダブティック青山で開催されていた

「華麗なるギャツビー」の衣装展にて。



そのご近所にあるRAT HOLE GALLERYで

グレン・ライゴンのネオン作品。



カタログ撮影でもお世話になった横浜大桟橋へ。

ほとんどが露出オーバーとなってしまいましたが、

モノクロの仕上がりは、フィルムの味わいがありました。



すぐ近くの象の鼻パークはレトロな風景に。


シャッター音やフィルムを巻き上げる仕草、

カメラが異様に重たいことまでもが趣深い。

現像があがるまでのワクワクもいいですね。

まだまだお勉強中です。


OM-D




先日、カメラを新調キラキラキラキラ

OLYMPUSのミラーレス一眼OM-D E-M5

いままで使用してきたPanasonicのGF2の付属レンズを装着しています。

ボディーカラーはシルバーと黒の二色。

黒もモダンで素敵でしたが、

クラシックなボディのデザインが私にはかえって新鮮で、こちらのシルバーに。

今回ボディだけを購入したといえど、安い買い物ではありません。

しかし、ここからさらに、

軽くてコンパクトな超広角レンズLUMIX G VARIO 7-14mm/F4.0や、

通常レンズとしてLEICA DG SUMMILUX 25mm/F1.4をつけたいなぁという、

レンズへの欲望。

なかなか恐ろしい世界かもしれません。。





OLYMPUS 35SP




実家で長らく眠っていたカメラ、OLYMPUS 35SP

なんと1969年製、43年前のものでした。

現役かどうかはまだ未確認、早速フィルムを買ってみよう音譜







ストラップ




今までなかなか気に入るものが見つからなかった

カメラのストラップでしたが、

ハンドメイドしてくれる専門店を教えてもらいました。

受注生産のため半月を要し、

ようやく先日到着したAcruの総レザーのストラップです。



野良状態だったうちのGF2君に、

ようやくリードがつきました。






ブロードウェイでコンプリート



中野ブロードウェイの3階

ガチャガチャコーナーにてパー



きの山さんのストラップを発見音譜

早速5回チャレンジパー

すると全5種類のうち、4種類が揃いました

残る一種類。

もう揃えないわけにはいかないDASH!

手堅く指名買いすることにしましたパー



指名買いとは…

このようにずらりと並ぶ、ガチャガチャの中身

ガチャガチャ言わさず、さらっと揃えられますニコニコ

むずむず、悶々、そんな思いから解放されるお店

ブロードウェイにはたくさんあります得意げ



いました、きの山さん音譜

ガチャガチャは一回200円ですが、

このような中身の指名買いはやや割高

人気やレア度によって個体差がありますパー



そして無事、全5種類、揃いましたキラキラ

使うわけじゃなく、集めることが満足得意げ

何かに傾倒しては気が済むまで収集する性分

女子のくせに、合理的じゃないんです汗









窓辺のニッパー君



我が家の窓辺に並んだ犬たちしっぽフリフリしっぽフリフリしっぽフリフリしっぽフリフリ



彼の名はニッパー

どこかで見たことがあるひらめき電球というかたも多いのでははてなマーク



そうですパー

「His Master's Voice」というこの絵画のモデルになった子です



亡きご主人の声を、

蓄音機に耳を傾けて聴いているワンちゃんなのですしっぽフリフリ

HMVやビクターでトレードマークになっていますねパー



ちょっと前まで小中大3匹で並んでくれていましたが、

先日一番右のニッパー君「特大」を追加



ちなみに、一番左だけ

モダンプラスチック製という貴重な子なのですパー



少しづつサイズを違えて並べているので

街で出会ったらまず、身長をチェックですにひひ













ナショナル坊や

ナショナル坊やを、ご存知ですかはてなマーク



松下電器のキャラクターです

素敵なお顔立ちラブラブ!、時代を感じるたたずまい



復刻坊やのプレゼント企画があったりもしますが、

やや高価でも、やはりオリジナルが欲しいのがホントのところ得意げ



店頭での販促を担っている「企業モノ」たち

中野まんだらけや下北のおもちゃ屋さんで買い集めていました得意げ


中野に住んでいた6年間

週末はよく見に行っていたなぁ










香りについて

好きな香りって、誰しも違いますよねベル


気持ちを落ち着かせてくれたり、

イメージがふくらんだり、

自分の空間をつくってくれる大切な存在ですプレゼント



あの人の香りがする…

そんな素敵な香りをまとった女性になりたいなぁラブラブ!




こちらは、現在のお気に入りたち

左から
はーとアニックグタールのケラムール オードトワレ/100ml/16275円はーと

バーニーズや伊勢丹など百貨店や一部セレクトショップなどで購入できます。


左から二番目は
はーとCHANELのクリスタル オードパルファム/100ml/12075円はーと

シャネルにしてはさっぱりした香りで一番のお気に入りです合格
プレゼントでいただきましたが、ラッピングもとってもかわいかったラブラブ!おすすめですプレゼント


その隣のハート
はーとアニエス・ベーのル・ベーはーと

高校時代から使っていたのですが、いつの間にやら製造中止で叫び入手不可能に…
復刻か第二弾なのか、またCCBパリで、ル・ベーが買えるようになったらしいですねドキドキ


その隣のミニボトル
はーとマライカのブラックラブ 300円!はーと

エスニック雑貨やさんのロールオンタイプの香水
お店で、たまにしか見かけず、見つけたらあるだけ全部買っているほど得意げ


一番右
はーとディプティックのフィロシコス オードトワレ/50ml/9450円はーと

数年前に値上がりしちゃいましたね…前は6000円くらいで買えてた気がします


今日は何にしよう〜ニコニコニコニコ







小瓶ちゃんたち

初めての海外〜ラブラブ!

それは、7年前の香港出張でした飛行機



自分土産に、香水のミニチュアを大人買いした私

本物がちっちゃくなっちゃた…ただそれだけで素晴らしいラブラブ!

箱庭感覚が、たまらなかったんでしょうねぇ得意げ